ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

■3/8■あと5分が長い



f:id:sakurasaryou:20100308205056j:image


今のお仕事もお開きに向けてラストスパートがかかりました。
「こんなに市民、まだいたのっ?!」と激しく市に失礼なことを
思いながら(でもそれくらいすごい人だったのさ!)働く働く。
ひとりで10人くらいを一気に相手。
「学校の先生はすごい!」と感動もしながら働く働く。




仕事が終わった後はまさにグロッキー。
ここが海や川だったら完全どざえもんなグダグダっぷり。
そんな身体にオイシイのは、やっぱりお風呂。
昔のお風呂と違って、我が家のお風呂はスイッチ二つでお湯が沸く。
味気ないような、ありがたいような。


お風呂が沸く5分前。
「ピピピピピ♪あと残り5分でお風呂に入れます」
とそれはそれは可愛らしい女性の声で(決して萌え系ではない)
アナウンスが流れます。

そしてその5分後には大変癒されるオルゴール調の
ハッヘルベルのカノンが流れます。



が。
私はこの5分がどうにも体内時計と合わない。
長いのよ、この5分がッ!!!
絶対5分じゃないでしょ!と思いつつも
お風呂を入れる頃はいつも疲れ切っていて計る気もしない。
そもそもそんな細かい性格じゃない。

が。
どうにも合わないので「あれ?もうカノン流れた?」
となんだか心配になってお風呂を見に行ってしまう始末。
自動給湯の意味なし。


だからなんだ、というどうでもよいお話でした。
疲れてるのね、早く寝よ寝よ。