ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

祝!復活!!



今日も関節痛がひどくて、お布団でゴロゴロしておりましたら
お外から懐かしい音楽が流れてきました。
最初「幻聴か?」と思ったのですが(笑)、どう聞いても現実。
関節の痛みも忘れて、杖とカメラとお財布を持って出来る限り猛ダッシュ。
ああ、私が行くまで待っていて!!




そして…私がダッシュした先にいたものは。


f:id:sakurasaryou:20100910203003j:image


ロバのパン屋さん!!
うわあ!なんて懐かしいんだろう!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ご存じの方、いらっしゃいますでしょうか?
昭和30年代に全国で活躍したもので、正式名称を「株式会社ビタミンパン連鎖店本部」といいます。
昭和28年に馬車を使って移動販売を開始し、今では全国で9件しかない昭和遺産です。


私が物心つきはじめてばかり、3歳~5歳くらいの頃の大事な思い出です。
公園や友人のお家で遊んでいると「♪ロバのおじさんチンカラリン」という歌とともに
リヤカーをひいた馬がビタミンパンという蒸しパンを売りに来ました。
お砂場で遊んだせいで泥だらけになった手でパンをつかんで食べていました。


私の年齢でリヤカーというのはかなり貴重。
(昭和晩年では車販売になっていたそうです)
近所に馬がたくさんいたので、そのせいでしょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


f:id:sakurasaryou:20100910204828j:image


さて、話を戻して。
東海地区唯一のロバのパン屋さん。なんと今年5月に復活したのです。
消えてしまった火がまたついたのです!なんてうれしいことでしょう!
車はともかく、中の戸棚も当時のまま!ああ、本当に懐かしい。


販売員さんは若い(といっても私よりは年上)男の人。
喜び満面の私をみて大変喜んでくださり、いろいろな話を聞かせてくださいました。
(写真撮影およびblog掲載も快く了承してくださいました)


彼は名古屋市在住で毎日四日市市までパンを仕入れに行き、
東海地区を回り続けているそうです。
行けば「懐かしい」と喜ぶ人々で大人気。
「次はいつ来るの?」と問い合わせの電話もかかるそうです。


私の思い出話も興味津々で聞いてくださり、年齢を聞かれたので答えたら
「そんな年齢で知っているなんてビックリした!」と驚かれました。



全種類大人買いをしたかったのですが、
お話をしているうちにお客様がわんさか来てしまい、
ついでに乏しいお財布事情もあって(笑)2種類を選抜。


f:id:sakurasaryou:20100910205103j:image

西尾産抹茶を使用した「まっちゃあん」と「いも」。1個170円也。
当時はもっとべっちゃりしていたような気がしますが
味は当時のまま。ひとり童心にかえって堪能しちゃいました。



「また来ますから是非応援してください!」と笑顔で出発されたお兄さん。
もう絶対応援します!また絶対買いに行きます!
私の思い出を復活してくれて…ありがとう。