ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

猛暑がこんなところにも…



やっと涼しい日々がやってきました。
就寝時にエアコンや扇風機を使うこともなくなり
タオルケットじゃ少し肌寒い?と感じる時もあったりして。
やっと秋の到来です。


湿度が大敵だった我が関節痛も涼しくなったらやわらぐかな?と思ったら。
変わりませんでしたorz
涼しいと涼しいなりに痛いみたいです…;;ヒドイ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さて今年の猛暑。ホントにすごかった。
人間だけでなく、お野菜やお花や動物園の生き物たち、
そして犬や猫などペットにまで影響を及ぼしたこの夏。


我が家の意外なものにまで影響が出ました。
それがコレ。


f:id:sakurasaryou:20100914182708j:image


我が家のペット「まだら」さん(依然性別不明)。
お水が黄色いのは照明の影響ではなく(もちろん水質悪化でもなく)お薬のせい。


エサやりの際に体調チェックを行うのですが(といっても見るだけ)
ある日、ヒレというヒレに血管が浮き出ているような症状が!
半透明のきれいなヒレが赤くなっていたのです。
ネットで調べたところ、どうやら「細菌感染」の模様。


あわててこの子を迎えたペットショップへ向かい、
いつもお世話になっているスタッフさんをつかまえて事情説明。
で、この水が黄色くなるお薬をいただいて、治療をはじめたわけです。



今年は猛暑の影響でいくら室内とはいえ、水槽内の水質劣化が早いそう。
そのため、きちんと水替えをしても病気になる子が増えたのだそうです。


我が家は幸い24時間室内換気システムがついていたため、
部屋内が異常な高温になることもなく、病気も初期症状程度で済みました。
まさか猛暑がこんなところにまで影響を及ぼすとは思いもしませんでした。


現在のまだらさんは相変わらず無駄なほど元気で、食欲魔神ぶりも健在。
(どれだけ食べるの!と言いたくなるくらいよく食べます)
ペットショップの方も「それだけ元気ならばすぐ治りますよ」とおっしゃってくださいました。
ほっとひと安心。


治療は1週間~10日くらい。
でもさっそく効果が現れてヒレの色ももとどおりになりつつあります。
所詮金魚ですが、私にとっては我が子同然。
早く元気になるんだよ。