ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

喪中でございます



f:id:sakurasaryou:20101115140928j:image


先週、祖母が96歳で亡くなりました。
朝早くに自宅に電話があったのですが
寝ぼすけ&間違い電話が多いことで我が夫婦は無視(←ひどい)。
しばらくしたら携帯電話が鳴り、義母から亡くなった報告が。
その時から大慌てで準備をはじめ、旦那様の故郷・能登へ帰省しました。


運が悪いというかなんというか。
ちょうど数日前から胃の調子が悪くなっていた私。
ついでに帰省にあわせるように北陸には寒波が。
最悪のコンディションでの帰省。
でもそんなことは言っていられないので「とにかく走って!」と
旦那様に運転をおまかせし、まさに生きた屍状態で実家に到着。


義父や義母に杖をついた姿を見せるのも初めてなのに
各地で嘔吐(汚い話ですみません)しながら来たせいで
ヨレヨレな私を見て、2人とも「何事!」とビックリ。
驚かせてすみません…。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


とりあえずヨレヨレではありましたが、最後に会えてよかったです。
初めてお会いしたのは結婚前。
足がお悪くて、杖をつく姿ではありましたが大変お元気で、
当時の御年(80代半ば)でも家事をこなす女性だったそうです。
が、かの能登地震で再び足を痛めて入院し、色々あって亡くなってしまいました。
でも96歳、大往生だと思います。


帰り道、旦那様がおばあちゃんとの思い出を色々話してくれました。
名古屋に出てきてからはだんだん疎遠になってしまったようですが
おばあちゃんも孫である旦那様をとても可愛がり、
旦那様もなんだかんだ言いつつ大事に思っていたんだろうな…と思いました。


今時、驚くくらいの豪華な祭壇と立派な式でした。
祖母には我が義父をはじめ、5人の子供がいるのですが
子供の母への厚い感謝と深い思いを感じました。
幸せだなあ、おばあちゃん。
私たちも親孝行しないとね。



というわけで我が家は喪中でございます。
新年のご挨拶は失礼させていただきます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【お ま け】

写真は行きの車内からです。
岐阜県荘川村付近では紅葉まっさかり!とてもきれいでした。
と思いきや、帰りは高速の吹き流し(?)が真横になるくらいの強風と大雨、
ところによってはみぞれや雪(!)で、寒さで凍りそうに。
秋なんだか冬なんだか分からない気分でした(笑)