ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

震災から5ヶ月。



東日本大震災から5ヶ月が経ちました。
季節はお盆。あらためて犠牲となった方々にお見舞い申し上げます。
そして被災地各地で頑張る皆様にお礼と応援をさせていただきます。


愛知県に住む私にとっては早い5ヶ月でしたが
東日本にとっては長い5ヶ月だったと思います。


がれきが少しづつながら片付けられていること、お祭り開催、
仮設住宅ができあがっていくことなど嬉しいニュースも多々ありますが
現状は未だ厳しいままだとうかがっております。
そして大震災では命が助かっても、この先の生活不安などで
お身体や心まで痛めてしまった方も多いとうかがっております。
お話を耳にするたびに何もできない自分が歯がゆくてなりません。


来月、私たち夫婦は岩手県と宮城県にお邪魔する予定です。
震災時から願っていた「観光で復興支援」を実行します。
もちろん避難所地域や復興の邪魔になるような行動はいたしませんが
少しでもお力になればいいなと思っております。
本当ならばがれきのひとつでも撤去できたらいいのですが
如何せん身体が身体なので…せめて観光で応援できたらと思っています。
美しい景色やおいしい食べ物など、東北は日本観光の要だと思っております。
私たち2人がお邪魔したところで、金銭的効果など無きに等しいですが
やらない理由にはなりません。
どちらも初めてお邪魔する県です。とても楽しみにしています。


募金や被災地の特産物を買うくらいしか応援ができませんが
これからもずっとずっと応援させてください。
そしていつか最高に復興したとき、またお邪魔できたらなと願っています。