ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

右手、ただいま訓練中につき



数日前から左手の調子がおかしいです。
コップでもハンカチでも…物を持つと激痛が走るようになりました。
何も持っていなくても腕を動かすと「ギャー!!」な激痛が。
じっとしても寝ていても「ギャー!!」なのです。つまり常に激痛があるわけです。
そう、ついに来たのです。足の症状がついに腕まで進行。
足は車椅子でカバー出来ますが(これはこれで不便なのですがあるだけマシ)
腕はどうしようもないような…。今もこの文章を右手のみで打っています。


ありがたいことに私…実は両利き
もともとは左利きだったのですが、祖父母によって矯正をされました。
が、幼少時から女の子らしさの欠片もなくやんちゃだった私。
右手を負傷してやむなく左手を使うことになったり、そのまた逆をやっているうちに
あら不思議(?)両利きになっちゃった!…という^^;
それでもやはり利き手は左手のようで、左手の方が握力が強いですし
なにか突発的なことが起こると先に出るのはやっぱり左手です。
(左手をつい出してしまい「ギャー!!」になってしまいます)
さらにやっかいなことに未だに左手でしか出来ないことが2つあります。


それは…包丁とハサミ
これだけは左手でしか出来ないのです。今回、持病でやられたのは左手。
さあどうする?!
毎日夜遅くまで働く旦那様に余計な負担はかけたくない。
だからといってヘルパーを雇うほどでもないし、金銭的にそもそも無理。
仕方がない。私は覚悟を決めましたっ!!


右手でも出来るように訓練しますっ!!!
包丁とハサミ以外は両手どちらでも出来るのです。
これだけ出来ないわけがなかろう。
完璧に両利きになって得はしても困ることなんぞひとつもない。
最初は超ガタガタな見目麗しくないお料理が並ぶでしょうが、
そこは努力をくんで我慢してもらいましょう。
そしてカット野菜など加工された食品を活用させていただきましょう。
楽できるところは徹底的に楽させていただきます。
(右手に余計かつ重い負担をかけちゃいかんですからね)


ただし。
相手は刃物ですから、細心の注意が必要です。
今使っている包丁がちょっと重いんです。
お子様用の軽い安全包丁に買い換えようかな…。