ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

震災から半年(そして911テロから10年)



今日は東日本大震災から半年の日。
お亡くなりになった方々へあらためてご冥福をお祈り申し上げます。
避難所が解散になったとか、除染が始まったとか、お魚が水揚げされたとか。
厳しい中にも明るいニュースがたくさん入ってきてはおりますが
被災地の現状や被災者の皆様の現実を見聞きするたびに
まだまだ予断を許さぬ状況だと痛感いたします。


半年も経過すると(被災地にとっては「も」ではありませんが)
日々の生活に追われて徐々に記憶の中から薄れていっている気がします。
ニュースや新聞、そして街中からも少しづつ消えているような。
もちろん自分の生活そっちのけでいくわけにはまいりませんが
風化していくのも恐ろしくてなりません。
私は毎月11日に震災に対する今の思いを日記に書こうと決めました。
(なので4月11日からずっと書かせていただいております)
単なる自己満足にすぎませんが、忘れないためにも続けていこうと思います。



今までは義捐金や特産物やミサンガ購入など間接的応援しか出来ませんでしたが
今月はついに被災県である岩手県・宮城県、そして福島県にお邪魔します。
直接お役に立てるボランティア活動でないのが悔しくてなりませんが
東日本の観光要所であるこれらの県を巡るのも大事なことと信じて
めいっぱい観光し、堪能し、楽しんでこようと思っています。
岩手・宮城・福島の皆様、お邪魔した際はよろしくお願い申し上げます。



そして今日はアメリカ911テロから10年の日でもあります。
あの映像を見たときは全身が凍る思いでした。
今でも思い出すとあの衝撃がよみがえってきます。
このテロで亡くなった方にも心よりご冥福をお祈り申し上げます。