ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

【東北復興支援旅行レポ7】ふくしまバリアフリーツアーセンターとおいしいご飯



さて、あっという間に最終日です。お別れが近づいてきました。
そんな最終日は特に濃く!元気に!観光してまいりました。
旅行を決めた当初は帰路のみで予定に入れていなかったのですが
(なにぶん遠いので時間をたっぷりとったのです)
「1番応援したい県を通過するのはやっぱり嫌だ!」
と思い、その旨をniftyさんにもお伝えしてご理解いただき、実行することに。


そう、我が夫婦が今回の被災地で1番応援したいのは福島県。
地震津波に加えて原発の被害まで受けてしまった福島県。
大事な家が、大事な家族が、大事な農作物や畜産品や魚介類が。
生活の全てを失ってしまった被災者さんの辛さは如何ばかりでしょう。
観光地はもちろんのこと、せっかく季節真っ盛りの桃や梨の販売も厳しい。
実害ももちろんありますが、意味不明な風評被害もあることでしょう。
私が観光したところで福島県によい影響が出るとは思いませんが
せめてたくさんいいところを見てふれて感じて、伝えたかったのです。


実際、初めてお邪魔した福島県はとても魅力あふれる素敵なところでした。
どこへ行っても大歓迎で、本当に親切で。
私のつたない日記で伝わるかは謎ですが、楽しんでいただければ幸いです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


f:id:sakurasaryou:20111008181427j:image


さて最初にやってきたのはJR福島駅。
車で来たくせに最初に行くのが駅っていったい…^^;
いえいえ、別に電車が見たかったのではないですよ。
(約1名は「はやぶさ来ないかな」と言っていましたが・笑)
駅構内のある施設にお邪魔したかったのです。
それは…


f:id:sakurasaryou:20111008181708j:image


福島市観光案内所さんです。
「なんだ普通じゃん」と思ったあなた様、驚くなかれ。
ここには私にぴったりなものが2つあるのです。
1つはともかく(超個人的用件なので)もう1つは要チェック情報ですよ。


まずひとつめ。


f:id:sakurasaryou:20111008181935j:image


なんとうさぎグッズがあるのです!!
(本当に超個人的用件だな…)
実は福島市観光PRキャラクターのももりんがうさぎさんなのです。
ここではそんなももりんグッズが販売中。
うさぎグッズ収集オタクの私としては見逃せんわけですよ。


f:id:sakurasaryou:20111008182354j:image


復興応援グッズとして「がんばってます!ふくしま 福島復興祈願絵馬」を
買わせていただきました。ミニサイズ絵馬でとっても可愛い。
さっそく車椅子にとりつけました。
応援グッズ購入収集も私の趣味になりつつある…。


他にもいろいろグッズがありますよ。是非ご覧下さい♪
福島市の総合情報ナビ「こらんしょ ふくしま」
http://www.f-kankou.jp/


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そしてもうひとつは要チェック情報!
もしかしたら他の県にもあるのかもしれませんが
(※サイトリンクを拝見するといくつかあるみたいです)
私はこういったサービスを見るのは初めてでした。
特に車椅子ユーザーさんやご年配の方にオススメしまくります!


NPO法人ふくしまバリアフリーツアーセンターさんです。
このセンターさんの存在を知ったのは実はtwitter
「福島県に行くぞ~」と相変わらずtwitterでクダを巻いていましたら
フォローをしてくださったのがふくしまバリアフリーツアーセンターさんでした。
「どんな団体さんなんだろう?」と思い、サイトにお邪魔しました。
障がい者や高齢者、色んな人が楽しめる『ふくしま』を目指して活動しており
サイトも車椅子でも楽しめる観光スポットや温泉宿泊施設まで網羅!
見たとたん、冗談抜きで「こ、これは…!!!」と驚愕。
まさに今、自分たちが欲しい情報がここに全てあったのです。
速攻niftyスタッフさんにもこのサイトをお知らせしました。
niftyスタッフさんもこのセンターの情報を最大限発揮してくださいました。


ちょうどカウンターに座っていらした方が
niftyさんが事前に電話をした時に応対してくださった方だとかで
まあ話が早いこと早いこと。私も初対面のくせに親近感を覚える(笑)。
駅周辺のおすすめご飯屋さんをいくつか教えていただきました。
もちろんバリアフリーのお店です。
入り口はもちろん、店内やお手洗いの情報まで網羅です。
(ちなみに情報はこんな感じです→ここをクリック
さすがバリアフリーツアーセンター。すごい。
福島におでかけの際はぜひ。


NPO法人ふくしまバリアフリーツアーセンター
http://www.fukushima-bftc.jp/
(twitterIDは@fuku_bftcです)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


f:id:sakurasaryou:20111008184158j:image


というわけでお昼ご飯をいただきにお邪魔したのは
「和食美酒 たつみ」さん。
『福島でいちばんおいしいごはん』をモットーにした和食屋さん。
地元産と天然食材をふんだんに使用したこだわりっぷり。
さらに女将が選びぬいた器は地元作家の作品というすごさ。
地産地消のお店で今回の旅行テーマにもピッタリ。
お店の方も大変親切で車椅子で入店した私を優しくもてなしてくれました。


f:id:sakurasaryou:20111008184801j:image


注文したのはおひさまランチ(980 円)。
この日のメインは鮭のバター焼きでした。
どのおかずもすっっっごくおいしい!
近所にあったら常連になりたいくらい。
全体的に薄味で優しい味付け。でも素材の味が濃いので大満足。
食後にはコーヒーとデザートもいただけます。
オシャレなカフェ風の店構えとオシャレなインテリア、
そしておいしいご飯。来てばかりなのについついのんびり。
癒しスポットとしてもオススメしちゃいます(笑)。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さて、お腹もいっぱいになったのでいよいよ観光に向かいます。
次回は素晴らしきよき古き建築物をご紹介したいと思います。
なんと!ここもバリアフリーだったんです。
福島はバリアフリー先進県だったのかっ!