ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

釜石と大槌の「瓦礫のキーホルダー」




f:id:sakurasaryou:20111108171005j:image


岩手県釜石市大槌町
東日本大震災で甚大なる被害を受けたところです。
被災された方が、自宅や自宅周辺の瓦礫を拾い集めて
仮設住宅を中心にひとつひとつ手作りで作る魂の作品。
それが「瓦礫のキーホルダー」です。


今まで被災者さんがお作りになった商品を
いくつか買わせていただきました。
どれもこれも素晴らしく、感動するものばかりでしたが
特にこの瓦礫のキーホルダーは心を揺さぶられました。


だって、大切なご自宅だったもの、その周辺にあった
大事な大事な財産を材料にして作られているのですよ。
まるでご自身のお命を切り取って作ってくださったような感じがして
キーホルダーそのものはとても軽いものですが
手に取った時、すごく重みを感じました。
なんて申し上げて良いのか。語彙が貧困すぎて伝えられないのが悔しい!


キーホルダーに書かれている「和」の文字。
この文字は、大槌町出身の12歳の書道家高橋卓也さんが書かれたそうです。
12歳とは思えない素晴らしい書ですね。
この「和」にも色々な意味がこめられていることが伝わりました。
思いはひとそれぞれですが、私は「平和」を思い浮かべました。
もう1度復興して、あたたかくて平和な街になりますように。
そう願いながら大事にさせていただきます。




このキーホルダーを購入した場所
「遠野時間@SHOP」
http://tonojikan.shop-pro.jp/






【お ま け その1】


先日日記に書かせていただきました「刺し子のコースター」。
http://d.hatena.ne.jp/sakurasaryou/20111103
フレームを買って、飾ってみました。
可愛いタグが見えないのが残念ですが、気に入っています。


f:id:sakurasaryou:20111108172323j:image






【お ま け その2】


キーホルダーと一緒に岩手県のゆるキャラ「わんこきょうだい」
のうちのひとり、「そばっち」のストラップも買っちゃいました。
そばっち可愛すぎるっ!!


f:id:sakurasaryou:20111108172446j:image