ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

治療の友「リボトリール」



f:id:sakurasaryou:20111130170322j:image


いつも以上に変な写真なのは、PCにwebカメラがあることを知り、
使ってみたくなり、それで撮ったためです。…コドモか。




私の持病「自己免疫疾患」「線維筋痛症」「慢性疲労免疫不全症候群」。
どれも揃いも揃って特効薬や確固たる治療薬がない病気です。
よく処方される薬は免疫抑制剤や認可を受けてばかりの新薬。
ですが、残念ながらどれもどれも効かなかったり、拒否反応が出たり。
期待しては泣いた薬は文字通り数知れずです。


お医者様も「何も治療できない病気だから…」とおっしゃいます。
数打てば当たる方式で、少しでも日々が楽になれる薬を探しているところです。


最近、やっとひとつ。私に合う薬が見つかりました。
私以上にお医者様が喜んでいたような(笑)。


それが上記写真のリボトリールです。
2種類持っているのは、朝と晩で量(でいいのかな?)を変えているためです。
このお薬は実は本来は「てんかん」患者さん用のお薬。
他には精神運動発作や自律神経発作、パニック障害躁うつ病にも
使われているお薬。私の持病に関係あるようで実は全くないお薬。
お医者様も「これで君の全身の痛みは取れない」と断言しています。


では、何のために飲んでいるのか。何に効いているのか。
実は…睡眠
私はタンスの角に小指を打つほどの痛みが全身に走っています。
それが24時間、つきまといます。

睡魔や疲労より痛みが勝ってしまい、寝られない日々でした。
効くまでに時間はかかりますが(服用後最低5時間はかかります)
朝までしっかり眠ることが出来るのです。




「睡眠薬じゃダメなの?」と言われそうですが…
実は睡眠薬はどれを使っても全く効かなかったのです。
期待して泣いた薬のひとつです。
なので、余計この薬で効果が出たことがすごく嬉しかったです。
作ってくれた製薬会社さんや選んでくれたお医者様に感謝!