ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

冬至ですな。



カピバラさんがゆず湯に入っている写真を見て思い出しました。
カピバラさんは可愛いなあ~。飼いたいなあ~←ぇ)
今日は冬至ですな。冬至といえばゆず湯ですな。


冬至にゆず湯に入ると『1年中風邪をひかない』という言い伝えがあります。
これはなぜかというと、「冬至」と「湯治」がかけられており
さらに「ゆず」だけに「融通が利くように」というダジャレなんだとか。
ちょっと寒いギャグだった…(笑)。


ゆずの旬はもちろんこの時期。
ゆずの成分には血行を促進させる働きがあるそうで
風呂に入れると身体を芯から温めてくれます。
新陳代謝も活発になることで疲れや痛みも取れて
さらに冷え性にも効果が出ますので冬にぴったりな柑橘類なのです。
こたつにミカンも同じ原理かなあ?(←たぶんそれは絶対違う)




私はタンスの角に小指をぶつけたような激痛が全身に走っています。
(もちろんこの日記を書いている今もその状態です)
しかもほぼ24時間365日。切っても離れない辛さです。


そんな私も湯船に使っている時は痛みを忘れることが出来ます。
長く浸かっているとそのうち激痛がやってくるので
ほんの数分のことですが、大事なリフレッシュ時間でもあります。


今日はゆず湯に入りたい…ところですが、肝心のゆずがないっ(><)。
買いにもいけないし、だいたいこの日のゆずの価格は高い!足元見過ぎ!
明日以降に入ろう(笑)