ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

アニマルセラピー?



f:id:sakurasaryou:20120102141527j:image
「ねえ、ごちそうまだ?」
実家の犬・速斗さん(雑種・10歳・オス)






というわけで(?)元日は実家へ行って来ました。
当初は3日の予定だった「夕食会」が急遽元日になりまして
ハイヤー(※弟の車ともいう)で実家へ行って来ました。


実家までは車で15分ほどの距離なのですが…帰るのは半年以上ぶり。
自分で運転は未だにちゃんと出来るのですが
病気になってから10分以上運転をしていないため、
(弟にも「姉貴は運転するな!」と言われる始末)
すっかりご無沙汰に。両親はともかく、犬に会うのも半年以上ぶりです。


初めて車椅子に乗った私の姿を見た速斗。文字通り目がテンに(笑)。
最初は怯えるか、警戒するかするんだろうなあ、と思っていたのですが
なぜか…なんとか膝に乗ろう、もしくは自分も車椅子に乗ろうと大はしゃぎ!
(両親に「やめなさい!」と叱られていましたが^^;)


その後も何かと私に興味津々で…不自由な左手でなでろだの
(右手でなでていたら「左手でして!」と主張されました。なんでじゃ)
壁に手をつきながらヨレヨレ歩く私の前に立ちふさがったりと(邪魔です)
謎の行動を連発。ついでに妊婦である妹のお腹にも興味津々で大騒ぎ。
誰よりもテンション高く、正月祝い大騒ぎ状態でした(笑)。






でも、そのやかましいくらいの賑やかさがなんだか嬉しくて。
独身時代、実家にいたころはこれが当たり前だったのに
今やそれが羨ましい光景になるなんて思いもしませんでした。
そして何かと邪魔…というかちょっかいをかけられましたが
動物ともふもふするのって心が癒されていいなあ…と思いました。
アニマルセラピーってこんな気分かな、と。


我が家にもわが子同然の癒し&愛しの金魚がおりますが、
金魚はもふもふ出来ませんからね(←当たり前だ)。


たまには動物とふれあって癒されたいなあ…と思った元日でした。