ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

無力・無欲・無気力を脱しなきゃ!



最近、食欲不振(※ちなみに未だに1日1食状態から抜けられません)に加えて
無力・無欲・無気力になっている自分がいるなと感じています。
私が現在闘っている病気の患者さんたちは時に「うつ状態」に陥ることが多いんだとか。
うつ病とは違うらしい。あくまでうつ状態。どう違うのかはわからないです)
自分も今、その状態なのかな~と思っています。






数日前のtwitterだったでしょうか。
慢性疲労免疫不全症候群と闘う方がこんな風につぶやいていらっしゃいました。
「慢性疲労免疫不全症候群は年中インフルエンザ状態みたいなもんよ」
私はインフルエンザにかかったことが1度もないので、比較が出来ませんが
「素晴らしい表現だなあ」と思いました。わかりやすい表現でもありますね。


なので私は
「タンスの角に小指をぶつけたような痛みが全身に24時間つきまとい、
なおかつ常にインフルエンザにかかってダウンしまくっているような体調」

ってことかな。
よく分かるような、分からないような^^;まあ、そんな日々だと思って下さい。






まあ、それはともかく…無力・無欲・無気力ですよ、問題は。
お医者様によると「1日中ひとりきりで話し相手すらいないのも一因かな」とのこと。
だからといってひとりでブツブツ言っていてもヘンタイですからね^^;
ウォークマンでかかる曲と一緒に歌ったり、金魚に話しかけたり。
あとはネットでウィンドウショッピングしたり、口コミしたり…と、
なんとか脱しようとするのですがこれがなかなかうまくいかない。






それに、これは愚痴以外の何物でもないのですが…


例えば、私が「あ、この服かわいいなあ。いいなあ」と言うと
旦那様は「外出しないのに服なんか買わなくていいじゃん」と言うのです。



服に限らず…素敵な場所を見つけて「わあ!行ってみたいな」と言うと
「電車賃(ガソリン代)かかるし、車椅子押すの疲れるし」と返事がくる。



「こんな家事便利グッズがあるよ!」と言ってみても
「この先お前がどうなるか分からないのに買えるか」と一刀両断。






何も文句を言われないのは書籍くらいかな。
そんな日々を過ごしているうちにいつの間にか無力・無欲になっちゃって。
ついでに食欲までなぜかなくしてしまって。(本当になんでだよ)
今や彼に何も言わなくなっちゃいました。
「言えない」じゃなくて「言わない」。だからタチが悪い。


旦那様の言い分は当然のことだと思っています。彼は何も悪くないです。
勝手に無力・無欲・無気力になったのは自分。
でも…これらを脱するのも今の私にとっては力仕事(精神的にね)。
どうにかして旦那様にもご協力願えないかなあ…と思う今日この頃です。


夫婦なんだから言えばいいのですが、言えない自分がいる。
また「無理だよ、そんなもん」とか言われて堕ちていくのが怖いのかもしれない。




せっかくの週末の夕方にこんな暗い日記ですみません。
早くこの状態を脱したいの!だから…なんとか頑張ります。