ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

雨の日と持病の日は



タイトルをCarpentersの「Rainy Days And Mondays」に
かけてみようと思いましたが、文才がなくて無理でした^^;
だいたい今日は火曜日だし(笑)。






まあ、そんなことはともかくといたしまして。
最強寒波が過ぎて、節分も過ぎて、春がやってくると思ったら雨。
岐阜県は昨日から土砂降りの雨が降っています。


先日の日記で「寒波は持病に悪い」的なことをウダウダ書き連ねましたが
実は雨の日も持病にとってとても辛い日です。
Carpentersの歌のとおりとても憂鬱な日です。






なぜかはさっぱり分からないのですが(お医者様も分からないそうです)
雨の日は激痛が3割増に加えて、息苦しさを感じます。
気管支…といいますか胸のあたりがギュッと締め付けられたような感じがありまして
とっても息苦しいのです。


でも血中酸素濃度は正常で、健康体そのもの。
実際に酸素が足りなくてウウッとなるわけではないのに
酸素が足りない感じで苦しくて仕方がありません。


私と同じ病気を持っている方、こういう症状ってございますか?
今までそんな症状の方と出会ったことがなくて「八重オリジナル?」状態です。
同じ病気の方でなくても「多分これじゃない?」なんて情報や知識がありましたら
教えて頂けると嬉しいです。




とにかく早く春が来ないかなあ。梅の花や桃の花が見たいねぇ。
もちろん桜の花も見たい。庭に桜の木があるので自宅で花見が出来る私。
開の花が見られる頃、自分の心がもスッキリして元気になっているといいな。