ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

障害年金の書類が出来た!



先日の日記にも書かせて頂いた「障害年金」の申請書類が完成しました。
やっと寒波や低気圧がどいてくれたおかげで今日はとても暖かな1日でした。
起き上がることも出来て、自分自身が書く書類もしっかり書いて
お医者様に行くことも出来、診断書を作ってくれました。


ちょうど1年ほど前になりますが…
障害者手帳を申請する際にも診断書を書いていただきました。
書式が違うだけで(またお金のかかりそうな立派な紙なんだ!)
内容ってほぼ一緒なのですね。
お医者様も「もうこれ一緒じゃんか」と断言(笑)。
先日の日記にもブツクサ書きましたが、もう本当に一緒にしようよ!
と思いまくりながら診察を受けました。


診断書は非常に細かくて、身長・体重・血圧などの定番系から始まり
腕や指の曲がる角度(分度器みたいなもので測っていました)から
腕や足の太さまで…もうあちこち測りまくりでけっこう大変。
お医者様が足や腕を触診するたびに、痛みで「ギャー(TдT)」を連発。
1時間後…全て終わった頃には軽く息切れ状態でした…orz


身体障害者手帳の診断書データがあったのでついでに見比べてみたのですが
お医者様曰く「筋肉がけっこう落ちてるね~」でした。
つまり腕や足が細くなっているということ。
健康な状態でしたら「わーい♪」ですが、今の私にはあまり嬉しくない(;;)。
でも「ああ、それで太さを測るのか!」とやっと納得。
(※それまで「そんな場所、何しに測るのさ」と思っていました)


とりあえずお医者様のご尽力もあって書類は出来ましたが、
提出したからといって自動的に受給出来るわけではありません。
ここから審査が始まって「受給に値するかどうか」が決められます。



障害年金は私と私を支えてくれる両親が生きる最後の術。
どうか審査が無事に通りますように。