ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

まだらさんの寝相



f:id:sakurasaryou:20120302174336j:image


離婚時「金品はいらないけど、金魚は絶対に連れて行く!」と宣言して
実家(現在は我が家)に連れてきた金魚「まだらさん」


ちなみにまだらさんはコメットという品種で大きなヒレが特徴です。
迎えた時は金魚すくいの金魚さんくらいのミニサイズだったのですが
今や「え?本当に金魚?」「鯉じゃないの?」と言われるサイズに(笑)。
ちなみに頭から尾びれ(1番長いところ)まで15cmくらいあります。
性別は未だに不明ですが、暴れん坊将軍なのできっとオスです(笑)。



「ただの金魚」ですが、私にとっては「我が子同然」。

子供を失い、病気で職と健康すら失い、ひとりきりで寂しく毎日を過ごしていた
私にとって癒しの存在であり、話し相手でもある子だったのです。
産んだわけではありませんが(←当たり前)我が子のように愛し育てた子なのです。


なので離婚の際も…何よりも先に「まだらさんを連れてきて!」と宣言したのです。
離れていた1週間(元夫の都合でどうしても1週間後になったのです)は
「ちゃんと元気にしているかな」「数キロの距離だけど耐えられるかな」と
心配で仕方がなくてオロオロしっぱなし。元気に来てくれた時は本当に嬉しかったです。


心配していた「犬との相性」も杞憂で、相変わらずマイペースなまだらさん。
犬が水槽に近づいてもガン無視。「~♪」って感じでスイスイ泳ぐ(笑)。
実家にもすぐに(というよりその日のうちに)慣れてくれて本当によかったです。




ちなみに写真は遊んでいるまだらさんでも、エサをついばむまだらさんでもなく…
もちろん病気のまだらさんでもありません。
寝ているまだらさんです。
「え、違うでしょ?」って?いえいえ、寝ているんです、コレ。


私も最初見た時に驚き、「何かの病気ではないか?」と心配になり
お世話になっているペットショップにお話を聞いたのですが…
「それ、寝てます。近づいたらすぐ起きるでしょ?」とあっさり言われました。
はい?!寝てるんですか?(・・;)




「熟睡している時はちゃんと底に沈んで寝ているでしょ?」とも言われまして
確かに、深夜や早朝…あとお昼時などは底に沈んで寝ているんです。
どんなに近づいても全く気づかないくらい熟睡…を通り越して爆睡(笑)。
こうやって立って(?)寝ている時は人の気配を感じるとすぐに起きるのです。
金魚を飼っていらっしゃる方々のblogを見ると
金魚にも色んな寝相があるみたいです。
ひっくり返って寝る子、他の金魚の上に乗って寝る子、実に様々。


金魚も犬や猫みたいに個性があってなかなか楽しいですよ♪