ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

今日はとっても楽しかったの。



数日前、私の好きな本が2冊も発売されていることをネットで知りました。
そのままネットで発注するのもアリですが、これは貴重なチャンス!
だって「お出かけ」の許可が出るんですもの。


実は私の両親は…私が病気になったこと、そして離婚したことを
親戚やご近所さんに必死に隠そうとしております。
実は我が姉弟ですら離婚の事実を未だに知りません。
別に私が病気になって出戻ってきたことを責めたりはしないのですが
(むしろ病気も離婚の理由も納得してくれました)
田舎がゆえに色々あるんですよね、どうしても。
そのため私の部屋は奥の奥、窓のない&陽の当たらない部屋ですし
外出するのも極端に嫌がります。いつどこで誰に会うかわかりませんから。


でも私は外出がしたい。
毎日布団の中で激痛に悶えて暮らすだけなんて。
しかも世間から隠されて暮らすなんて!
気持ちと事情はわかるけどそんな人生は嫌!と両親を説得しまくる毎日です。
「買いたいものがある」というのは大事なおでかけチャンスなのです。
というわけで両親を説得して本屋さんに連れて行って貰いました。



まず買ったのはこちら。1巻からの大ファンの本です。
確かきっかけは新聞広告。「面白そう」と思ったので手にとったら
すっかり面白さにハマってしまって。
ついでに自分も日本語について勉強できるのがまたいい^^
私も外国人の友人が何人かいるので、この本のような
言葉に関する面白体験をしています。
「うんうん、そうそう!」なんて言いながら楽しんで読みました。


【送料無料】中国嫁日記 二

【送料無料】中国嫁日記 二
価格:998円(税込、送料別)


こちらは1巻を立ち読みしてからハマった本。
最初は失礼ながら「ダーリンは外国人」の2番煎じかよ?と思っていたのですが
読んでみたら全然違って面白くって!1番好きなのは描きおろし。
国も年齢も超えたふたりの楽しい毎日が羨ましかったり面白かったり。
特に2巻は東日本大震災時の中国人の奥様やご友人達の様子が描かれており
色々考えることも多かった内容でした。



本屋に行く前はモニター品や当選品がゴッソリ届いたり
さらにtwitterのフォロワーさんからお電話を頂戴して
ご当地ネタなどで盛り上がったり(※この話はまた後日)。
すごく充実した1日でした。ああ、楽しかった!
毎日こんな風に楽しかったら、いいのにな。