ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

もう1度ヒールのある靴が履きたくて。



f:id:sakurasaryou:20120322150450j:image


突然ですが、私の靴です。夏用のサンダルを除いて、唯一の靴です。
足が大きいせいで(※25cm~25.5cm・幅広6E・甲も高い)
なかなか自分に合う靴が見つからないせいもありますが、
ヒールのない、ぺったんこの靴がうまく見つからないのもあります。


病気で杖生活になった時に「ヒールの靴はやめよう」と決めました。
別に履いてはいけないわけではないですし、医師から言われたわけでもありません。
やはり普通に歩けない者が不安定な靴を履くと転ぶ可能性も高まります。
転んで変に怪我でもしたら余計に大変です。
というわけでこの時に履くのを自らやめたのです。




子供の頃からヒールのある靴が大好きでした。
身長はそれなりにあるのですが(※167cmあります)
多分足が短いんでしょうね(笑)ヒールのある靴を履くと
全体のスタイルがよくなって、気分も上々になっていたのです。


なのでヒールのある靴を履かないと決めた時は悲しかったです。
捨てればいいのに、いつまでも未練がましく下駄箱に並べてあって。
ホテルマン時代のヒールなんてもうボロッボロなのにそれでも置いてあって。





そして…離婚で2人で暮らした家を出る時、スパっと捨てました。
実家に履けない靴を置くようなスペースが無いこともありましたが
ある意味…厳しくも新しい人生に立ち向かうにあたり
過去を振り返らない意思表示でもあったのかな。
あの未練は何だったんだというほど思いっきり捨てました。




なので、今…私が履ける靴はこれひとつきりになってしまいました。
もちろんいいものがあれば買い足すつもりではいますが
靴屋でとても可愛い、ヒールのある靴を見るとちょっと悲しくなったりもして。
でもいつか…もう1度、ヒールのある靴をはいて歩けるようになりたいです。