ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

「再婚しないの?」「う~ん」



本日は4月1日。新学期であり新年度でもあり。
そしてエイプリルフールでもある。
気持ちも新たにできる日でもあるし、何だか面白い嘘も言える日。
なんだか面白い日ですよね…ってもう今日も終わる頃に言うのも変ですね^^;


面白い嘘を言えるネタは残念ながら持ち合わせていないですし
「気持ち新たに」はもう2月3日にやっちゃってるし(笑)。
というわけで最近思っていることなんぞを新年度らしく書いてみようかと。
単なる愚痴になる可能性も大ですが、まあいっか。





現在私は34歳。若くはありませんが、そんな年配でもない。
なので意外と「再婚はしないの?」「婚活は?」とよく聞かれます。


元夫に関しては元義母が「新しい奥様探し」に力が入っているそうですし
元夫本人も先日の電話で、冗談なのか本気なのかは謎ですが
「俺と結婚してくれるボランティア精神あふれる女性を募集中」
なんて言っておりました。心当たりがある方はぜひ(笑)。


嫌いになって離婚したわけではないので、もし彼が再婚したら
気分は複雑かもしれませんが、祝福はめいっぱいしたいです。




が…自分はどうかと言いますと。
離婚した時に「もう一生独身決定」と腹をくくっておりました。
俗に言う難病を3つもかかえた車椅子&半寝たきり女。
ついでに子供を産むことも出来ません。
結婚して、お互い歳をとっていつかはどちらかが介護を…
ということは、どんなご夫婦でもきっと起こることですが
もう目の前に介護が見えている人と付き合いたいなんて思う
男性がいるか?!いるわけないだろ!いたら見てみたい!と
「もう恋愛はいいや、諦めた」と思っている自分がいます。


でも顔に似合わず&イイ歳して(苦笑)寂しがり屋で甘えん坊なので
時々「こんな私でも…と支えてくれる人はいるかしら」なんて
思う時もあります。両親をみたり、姉弟夫婦をみたりすると
特に思っちゃいますね。「ああ、もう1度こんな風に…」って。





特に婚活をして積極的に!…とするつもりは一切ないですが
まあ…いつかご縁があれば嬉しいし、両親も安心するのかな
なんて妄想に近い夢を抱いています。


なのでいくら闘病隠居生活でも、オンナを捨てずに外も中身も
素敵な女性でいるように務めていたいと思っています。
あ、これ…新年度の抱負にしよう(笑)。