ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

障害年金受給決定!



本日の午前中、郵便物が届きました。差出人は「日本年金機構」。
「ん?また国民年金の請求書か?」と思いつつ開封したら…
(※3月とつい先日に年金支払書が届いていました…)
個人的にはまさに「サクラサク」良い知らせでした。


2/162/20の日記にも書かせて頂いた
障害年金」の受給決定のお知らせ
でした!
障害者手帳と同じく、待ちに待った書類です!
しかも頂けた等級は最高額の1級。せいぜい2級だと思っていたので驚きました。
働き先もなく(※ちなみにずっとこっそり就活を続けていたのです)
でも両親からは「生活費を入れろ」と言われ、どうしたらいいものかと
大きな悩みのひとつだったのですが、今日でとてもスッキリ!
もちろん今後も無理ない程度に就活は続けるつもりですが
とりあえずお金が頂けるのは本当にありがたいことです。
教えてくれた友人・相談にのってくれた労務士さん、社会保険事務所の方、
そして診断書を全力で書いてくれたお医者様へ感謝です。
本当にありがとうございます。





最初は正直悩みました。一応20歳から年金は支払ってまいりました。
(元夫の控除に入っていた部分もありますが)
障害者になって不便な生活を強いられているとは言え、
年金は今も国会で議論が続けられている大きな問題。
私に支給されるお金は皆様の大事な税金です。
その大事な年金でのうのうと生きていいんだろうか…という葛藤がありました。






でも…私がおばあちゃんになった頃、果たして年金はあるでしょうか。
支給年齢引き上げどころか、頂けないのではないかと思っています。
それ以前に年金受給年齢までは生きられないと宣告を受けています。
謎の難病をかかえる不自由な身体と引換に早く頂けるチャンスが来たと思って
ありがたくいただくことにいたしました。




支給額の半分以上は両親へ生活費や生命保険代などとして支払い、
その残りの半分は貯金、残りの半分は小遣いにすることにしました。
これで両親も少しは楽になるかと思います。
私も結婚時よりは少し多めのお小遣いが出来て嬉しいです。




ありがたく頂戴いたします。本当にありがとうございました。
応援してくださった皆様にも心からの感謝をこめて。