ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

梅雨と持病の闘い



昨日、我が住まいがある東海地方にも梅雨がやってきました。
夏の暑さも、冬の寒さ、秋の台風も持病に悪影響を与えますが
1番悪影響を与えるのがこの季節のような気がします。


雨の日の冷え込み、低気圧で激痛も半端無く、
胸の痛みや息苦しさも酷さを増します。
だからといってお医者様でさえどうすることも出来ません。
「嵐を通り過ぎるのを待つ」なんて言葉がありますが
まさにそのとおりじっと耐えて、頑張るしかありません。



ここ数日は本当に食事とお手洗い以外は布団の中です。
(もちろんこの日記も布団の中で書いています)
食事やお手洗いのために起き上がるのもしんどいです。
時に家族を呼んで起き上がらせてもらうくらい。
(でも誰もいない時が多いのでほぼ自力で頑張ってます…)


現在、愛犬も病気になり(詳細はまた後日)、家の中もドタバタ。
どうしても私は放ったらかしになります。
病人なのに、父から「どうした、病人みたいな顔して」と言われるくらい^^;
(その後「私は病人だよ!」としっかり主張しておきましたが)






はじまってばかりですが、早く夏にならないかなあ…。
私のことなので…たぶん夏になったらなったで
「早く秋にならないかな」と言うんでしょうけど(笑)