ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

空気を読む能力



なんだか立派なタイトルがついておりますが…
本日の日記は愚痴です。大事なことなのでもう1度。
愚痴です。
(↑そんな大きな字で書く必要があ…ると思う、たぶん)
なので読みたくな方は今のうちに回れ右してください。



個人的にはあまり嬉しくない能力なのですが
幼い頃から第6感と言うのでしょうか…
嫌な予感だけはほぼ100%の確率で当たります。ガチです。
今風に言うと「空気を読むのが早い」んです。
こう言うとよさげな能力に聞こえなくもないですが
私にとってはちっとも嬉しくありません。




子供の頃から両親が喧嘩するとすぐに気づくようになりました。
もちろん両親は幼い子供たちに隠しているのですが
(実際、弟&妹は全く気づいていない)
子供の頃から私だけ、母には八つ当たりをされ、
父には愚痴られていたせいか…そのうちピリピリした空気だけで
両親が何も言わなくても喧嘩していることが分かり、
子供ながらなんとかおさめようとあの手この手でちょっかいをかけていました。
まあ、これのおかげで空気を俊敏に読む必要がある
客商売で生きていけたのもあるのですが…^^;



実はそれは今も続いています。
出戻ってすぐの頃は自分自身に余裕がなかったことと
さすがの両親も気をつかっていてくれていたのですが
最近は箍が緩んできたんですかね…、子供の頃に逆戻り。
実は昨晩から今日もその状態なんですよ…orz
身体に鞭打ってなんとかおさめようとしているのですが
今回はちょっと難しい…。




「やらなきゃいいじゃん」とおっしゃる方もいると思いますが
そのピリピリした空気がストレスになって胃が痛くなったり
息苦しさが増したり。我が持病にも影響があるのですよ。
だから自分のために早くおさめたいんです。





台風の影響で激痛は激しいわ、息苦しさは半端ないわ
胸は痛い、奥からはき込むような咳がとまらない。
尊敬すべき両親といえど、さすがにキレてしまい
「いい加減にしろ、この野郎ども!私を殺す気か!」
と怒鳴ってしまいました^^;元ヤンキーぶり炸裂です(笑)






健康で長生き(といってもまだ65歳と還暦前ですが)。
そして喧嘩はしてもお互いを支えあう夫婦。
私にはない羨ましいものを両親はいっぱい持っている。
喧嘩をするなとはさすがに言いませんが、どうか私へ投げないで欲しい。
娘は自分の身体と精神で精一杯なんだよ~;;




以上、愚痴でした。脈絡なさすぎな文章ですみません。
ああ、でも少しスッキリした。お読み頂きありがとうございました。