ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

東日本大震災から16ヶ月。



東日本大震災以降、毎月11日は震災や復興について個人的に思うことを
書きながら、犠牲になった皆様や今も頑張る皆様へ祈りを捧げる日にしています。
今日の新聞は新党結成やオリンピックのネタばかりで震災関連記事は
なにひとつありませんでした。せめて11日くらいは何か書いて欲しい!




私のblogを見てくれている元同僚が先日、気仙沼市に行ってくれました。
「八重のblogを見て、後悔しないように自分の目で見てこなきゃいけない」
と思われたそうです。そのお気持ちがとても嬉しかったです。
こんな僻地blogでも想いを受け取ってくれる人がいた、と感謝です。




後日、彼女の体験談をメールでいただきました。
道路は復旧が進んでいましたが、街中はまだ何も決まっていない状態。
私もおいそれと行けない身体なので(行けなくて本当に悔しい!)
ネットを駆使して現地のお声を見聞きするようにしておりますが
元同僚と同意見です。進んでいるところは進んでいるのでしょうが
やはり現実は厳しく、震災時と変わらず更地の状態が広がっているそうです。


義援金などは被災地の方に手に渡っている(と思いたい)でしょうが
やはり復興にはお金が必要です。現地の人が働くことが重要です。
お金がなければご飯も食べられませんし、家も建てられません。
物資も重要ですが…やはり現実問題、お金が大事だと思います。




そのために自分に何ができるか…日々悩んでいます。
職場が津波で流れたり、大切な商売道具が流された人も多いでしょう。
今のところ知り得ませんが、出稼ぎに出ている人もいるのではないでしょうか。




私には雇用する力がありません。職を斡旋することも出来ません。
どかんと大金をお渡し出来る経済力もありません。
せいぜいtwitterfacebookで知り得た情報を拡散するくらいです。
あとは被災者さんがお作りになった商品を購入して、
何も間を通さず、被災者さんのお給料になるような活動をすること。
書きながら情けなくなるほど、出来ることは少ないです。





でも。
これらがいつか大きな山になると信じて16ヶ月間続けています。
これからもずっとずっと…復興するまで続けます。
買ったものをプレゼントしまくって(バラマキともいう^^;)
少しでも知ってもらえるように、買ってもらえますように…と願っています。
またひとつ被災者さんへお金が渡る商品を見つけたので購入予定です。
購入次第、このblogで紹介したいと思っております。






被災地のすべての皆様へ。
微力にも程があるほど小さな我が力ではございますが、
これからもどうかお手伝いさせてください。
よろしくお願い申しあげます。