ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

今までにない症状が出た…



今日の岐阜県は朝から今にも雨が降りそうな曇り空。
猛暑が続き…ずっと雨が降っていなかったので、
ご職業によっては恵みの雨になるものですが、
私にとっては危険なお天気なのです。


ここのところ頻繁に発生している台風の影響もあってか、
じわじわと息苦しさや身体の痛み、尋常ではない疲労が出ていました。
「え?岐阜には来てないでしょ?」と思う方も多いと思いますが
なぜか影響が出るんです。しかも私だけではないのですよ。
同じ病気と闘っている方で私と同じ事をおっしゃる方は非常に多いです。
両親からは「人間気象衛星」と呼ばれるくらい^^;




そしてついに岐阜県にも雨が降り出しました。
いつものように激痛で悶絶するのですが、今日は様子が違いました。
ベッドでぐたっと、それはだらしなく寝ているだけなのに
前後不覚なくらいグラグラして、意識も朦朧とし始めました。


お尻からまるですべるようにベッドから落ちていく感覚があって
「ベッドから落ちちゃった!」と慌てて確認してもベッドの上にちゃんといるし
誰かの腕を確かにつかんだ感触があったのに、目を開けても誰もいない。
両腕は「グローブか!」とくらい、酷くむくんでいる。
全身が痛い。とてつもなく痛い。そしてビリビリ痺れている。
「痛い~!」「助けて~!」と叫びたくても、声が出ない。
やっと出ても、声が小さいのか(自分的にはかなりの大声を出したつもり)
家族は賑やかに会話していたせいか(しっかり聞き取れるほど聞こえてました)
助けが来てくれない。最悪、携帯を鳴らそうと思っても手に取れない。




これだけ朦朧としていたくせに、しっかり鮮明に覚えているのです。
そして激痛だけはしっかりと感じているのです。
冷や汗なのか、脂汗なのか。そして何時間悶絶してのたうち回っていたのか。
全く覚えていませんが、私的には非常に長い、恐怖の時間でした。




とりあえず現在は激痛を除いて、元に戻ってはいますが
今までにない酷い疲労感があるのは事実。
なのに日記を書いているのは記録のためです。




これから本格的な台風シーズン。
これはまだ序の口かもしれない。我が身体よ、保つのか?!