ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

さようなら、大名古屋ビルヂング。



今日はとある建物とお別れをしてきました。
行けないと思っていましたが、友人のおかげで行くことが叶いました。
友人たちへ。あらためてありがとうございます。


そして。そのお別れしてきた建物とは。


f:id:sakurasaryou:20120929215538j:image


名古屋の代表的建築物であった「大名古屋ビルヂング
老朽化や耐震性にともない、取り壊しが決定しました。
明日、ついにその長きに渡る歴史に幕を閉じます。


跡地には高層ビルが建つのだとか。
別に高層ビルに好き嫌いはありませんが…せっかくの名建築物が
殺風景な高層ビルに変わってしまうのはなんだか寂しいです。
美しいものがこうしてどんどん消えていったら、ひとの心も荒んでしまいそう。
外見は普通のビルのようですが(実際普通のビルなのですが)
エントランスが素晴らしいのですよ。
今時、ここまで豪華な建築物は作れないだろう!と思うほど。
建てかえてもいいけれど、エントランスは残してほしいなあ。


f:id:sakurasaryou:20120929215535j:image


中二階から見たエントランス全景。立派な大理石とモザイクが
惜しげも無く使われています。そして廊下のラインも何気なくオシャレ。


f:id:sakurasaryou:20120929215536j:image


特にこのエレベーター部分にあるモザイクは凄い!の一言。
これにつきます。この装飾!もう素晴らしすぎます。


f:id:sakurasaryou:20120929215537j:image


そして下から見た中二階。カウントダウンの看板が…。
そしてあちこちで撤収作業が行われておりました。
ある意味貴重な光景なのでしょうか…。
入っていたお店も、行きつけだったお店も全部閉店。
本当になくなっちゃうのね…(;;)


f:id:sakurasaryou:20120929215534j:image


大名古屋ビルヂングが竣工した時の新聞広告がパネル展示されていました。
ビルの写真はもちろんのこと、下の広告も面白い。
時代を感じさせます(ってまだ竣工当時は生まれていませんが)。




取り壊しは決まっちゃったものだから仕方がない。
でも…出来たらエントランスの素材を再利用してほしいな。
そして「大名古屋ビルヂング」という名古屋人らしい名前も引き継いでほしい。






f:id:sakurasaryou:20120929215533j:image


ありがとう、大名古屋ビルヂング
そして…言いたくないけど、さようなら。