ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

東日本大震災から20ヶ月目。



本日はポッキー&プリッツの日など…賑やかな話題が多い日ですが
私にとってはやはり忘れてならない、東日本大震災の月命日です。
震災以降、毎月11日は東日本大震災について自分の思いを書く日に
しているのですが…そうですか…もう20回も書いているのですね。




行きたい思いは募りつつも、昨年の秋以来…行けていない被災地。
ネットやTwitterfacebookなどで情報をかき集めてはいますが
私が見えているのはほんの一部分に過ぎないでしょう。
未だに支援物資の募集があったり、雪が降ってきて云々との書き込みを
見るたびに「復興はまだだ。自分には何が出来るか」と自問自答。
いくら考えてみても…答えはそう簡単には出て来ません。
時間はあってもお金がない。行ける身体がない。
それでもなにかできることはないか。


自分が忘れないためにも、この日記をみてどなたかが「あ!そうか!」と
思ってくださるためにも、11日は日記を書き続けたいです。
自己満足に過ぎないのですけどね…。






かなり前のことになりますが、東北地方の観光客減少について
地元のニュースでとりあげられておりました。
私はたぶん「福島県が1番お辛いのだろうな…」と思っていたのですが
意外や意外、1番お客様が減っていたのは秋田県(なんで?)。
でも、まさにドングリの背くらべで…どこも酷い数字でした。


facebookでは福島県の観光客激減を嘆き、それでも立ち上がろうと
必死にキャンペーンを行なっていらっしゃる姿が見られます。
「絶対それ、儲け出ないでしょ?!」と思うくらいの大盤振る舞い。
それでも…それでも…来て欲しい。そんな思いがひしひしと伝わって来ました。




過去に何度も書いておりますが、私が1番応援したいのは福島県です。
もちろん岩手県や宮城県、そして見逃されがちな北関東も応援したいです。
でも…どこより辛い目にあっているのが福島県だと思うのです。
昨年出会った、福島の人々の頑張りと笑顔が今でも忘れられません。
あの方々の笑顔を守るために、微力ながらお守りしたい。


ふある福島県のゆるキャラがtwitterをやっているのですが
自己紹介欄の現在地が「ビューティホーカントリー」になっていました。
twitterfacebookで入ってくる、福島の景色は紅葉真っ盛り。
まさにビューティホーカントリー。


この美しい場所を守るために、私は今日も被災地応援をいたします。