ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

持病とお手洗いの悩み。



※タイトルどおり、本日の日記はお手洗いに関することなので
 お食事中の方はご注意下さいませ。





先日のR-cafeで初めて知ったのですが
病気の種類に関わらず、お手洗いで困っているのは私だけではなかった!




なぜかはわからないのですが、「あ、お手洗いに行きたい」と思って
必死にヨレヨレとお手洗いに行っても全く出ないことが多々あるのです。
残尿感ありまくり。なのに出ない。何をしても出ない。でもこの不快感。


しかも我が家はバリアフリー構造にもなっておりませんし
そもそも車椅子も通れないですし、自走も出来ない。
身体をひきずってお手洗いまで行くしかないのです。
自室とお手洗いは我が家の端と端なのですが、たかだが数メートル程度。
それでも私にとっては全力疾走なみの大仕事。


そんな話をR-cafeでしておりましたら「私も!」というお返事が!
病気も年齢も様々なのですが…意外や意外、困っている人の多いこと!
皆様どうしていらっしゃるのか聞いてみましたら…自分で促して出すとのこと。
ちょっと名前を忘れてしまったのですが(メモを取ればよかった~!><)
管か何かで尿道を刺激して出す…みたいです。
皆様、これでかなり不快感から解消されたとか。
泌尿器科に行くと教えて頂けるそうなので、私も泌尿器科に行ってみよう。


…近所に泌尿器科、あったかな?