ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

今年初おでかけ&初定期診察日



今年初めて、外出をしました。…といっても病院ですが^^;
今年最初の定期診察日でした。


主治医に昨年クリスマスあたりからずっと寝たきり状態であることや
ストレスがとてつもなく溜まっていて、どうしようもないこと、
やりたいことはいっぱいあるのにできなくてもどかしいこと、
この身体ではもう無理だ…と諦めたものがあったこと…


実に様々な話をしました。




心療内科の主治医は静かに話を聞いてくれました。
「なんでもいいから発散する方法がせめてあればいいね。
毎日話を聞いてあげたいくらいだけど…」と慰めてくれました。



持病の主治医には「もうこの激痛をどうにかしてくれんか!」と
訴えたのですが、やはり難しい顔をしていました。
…というのも、もう医療用麻薬以外の薬を出し尽くして挫折しているからです。
主治医は「出来れば医療用麻薬は使わせたくない」と仰っています。
両親もガンなどの病気でモルヒネを使った親族や友人を知っているため
私が医療用麻薬を使用することは断固反対しています。
ペインクリニック(簡単にいうと麻酔でちらす)も反対されています。


「先生、夜は睡眠薬で眠れているからいいけど…
昼間は激痛で文字通りのたうちまわっています。
1日中眠っていたほうがマシなくらいです…(;;)」


と、ついこぼしてしまいました。
主治医も「そうだろうなあ…」と悲しそうな顔。
医師もどうにもしてやれないのが悔しいそうです。






定期健診のあと「せっかくだしどこかにお出かけでも…」と
思ったのですが、身体がもたず自宅へ直行。
速攻布団に入り、夕方までダウンしていました。
う~ん、これでは外出も難しそう。うう…(><)


遊びに行きたいよ…(;;)