ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

久々に家事をしてみたら。



現在我が家はなにかとドタバタしています。
家族のなかで1番健康なのは母。
そんな母も実は高血圧の薬を飲んでいます。
なので超健康!というわけではありません。
(飲んでさえいれば至って普通なのですが)


う~ん、なんだろう。
自分は起き上がるのもやっとの病人なのだから
大人しく寝ていればいいのですが。
他の家族(しかも健康そのもの)がのんびりゴロゴロしていて
心の中でキレながら病体をおして家事をし続けていた自分を思い出して。
なんだか母に申し訳なくて仕方がないのですよ。
必死に家事をやっているなか、健康な家族がゴロゴロしている違和感。
今の自分は「健康な家族」ではないのですが、どうもむず痒い。




今までは父が手伝っていましたが、その父も現在は安静の身。
上に書いたことと、「お姉ちゃんなんだから」の長女病(?)の性か。
「よし!代わりに家事しとくか」と動き始めちゃうのです。
もちろんそれでダウンして迷惑をかけたら意味がないどころか
迷惑以外のナニモノでもないので、ブレーキはちゃんとかけています。
それでも一仕事終えたあとのダウンっぷりは凄いですね…。
1やって3休んで…ってやってるんだけどなあ。
離婚前…今よりは症状が軽かったとはいえ、よくやっていたなあ。
もう気力の域だったんだろうなあ。そりゃ痩せるっつうの。






母には「そんな身体なんやからやらなくてもいいよ!」といわれるのですが
この性格というかなんというか…はなかなか治りませんね^^;
こんなんじゃ父のこと言えないかも^^;