ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

梅雨到来。



ついに我が生息地も梅雨入りしました。
暑苦しい夏も、布団にこもっていても寒い冬も辛いですが
この梅雨シーズンが持病にとって1番辛い季節です。
湿度は高いし、蒸し暑いし、気圧も低いし。
この日記を書いている今も身体中が悲鳴をあげています。
サッサと書くぜ!トリプルパンチ!(*゚□゚)ノ*゚□゚)ノ*゚□゚)ノ☆)`ν゚)・;'.、クハッ!!
(いったい誰にパンチしとるねん…^^;)



梅雨シーズン、持病が大暴れするのは私だけではないようです。
Twitterfacebookmixiなどでお辛い気持ちをつぶやいていらっしゃる。
それを拝見するたびに「一緒だ~(TдT)」と共感しつつも
「ひとりじゃないのよ!」という気持ちも勝手にわいております。


全身の痛みはもちろん、息苦しさ、身体の重さ・だるさが半端ない。
もう…なんて表現したらいいのでしょう。
全身のあちこちに岩をくくりつけられて歩かされている感じ。
あとは首を絞められているようなこの苦しさ。
つい首に手をあてて「誰か絞めてるやろ」と確認をしてしまう始末。
(※当然ですが、首を締めているものはありません)
首のすわっていない赤ちゃんではありませんが、
頭が重たくて重心がうまくとれない感じもあります。
いずれも目に見えないうえに、上手く表現できないだけにもどかしい。




まだ始まってばかりですが、早く梅雨明けしてほしいと願う日々です。
でも梅雨明けしたら暑苦しい夏がやってくるんだよなあ…(TдT)トホホ。