ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

ネットの中では私は自由



先日の遠足の時、仲間と話したこと。


「私たちは身体が不自由だけど、ネットの世界では自由だよね」


今更ながら目からウロコでした。
まさにそのとおり!と心の中どころか口に出して太鼓判。
こうして今、ネットが出来る。
blogが書ける。
SNSで人と交流出来る。
身体の関係上、時間は短く、出来ない日もあるけれど、
ネットの世界では障害も何もなく自由に行き来が出来る。
なんてありがたいことだろう。
ネットがなかったら今の私はどうなっていただろう。
まさに生ける屍になっていたのではないでしょうか。





そんな話をしたのち、すぐさま動きました。
すぐ動かないと忘れちゃうから(←物忘れが酷いのです、最近)。
まさに「いつやるの?今でしょ!」です( ー`дー´)キリッ
facebookで自分の町の議員さんなどと友達になり、交流をさせて頂きました。
そしてとても貴重な情報を教えていただきました。
こちらからも病気や福祉のことなどをお話させていただきました。
同じ町に住んでいるとはいえ、突然飛び込んできた(しかも夜分に)私に
真摯に対応してくださいました。本当に感謝しています。


そしてTwitterやblogなどでも自分の病気について、福祉の問題について、
そして東日本大震災や信越県境地震の情報収集と支援などをしていきたい。




今のところ、幸いにもネットが出来る身です。
出来る以上は出来るまで、もちろんこれ以上身体を壊さない程度に
自分は「自由」でいようと決めました。
その自由はきっとどこかへつながっていくから。