ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

今日は慰霊の日。



かく言う私も恥ずかしながら今朝の朝刊で知ったのですが
今日は沖縄県が制定している「慰霊の日」です。


今から68年前。
1945年4月1日にアメリカ軍の沖縄本島上陸によって本格的に開始された沖縄戦。
第32軍司令官牛島満大将(当時は中将)をはじめとする司令部が自決したことで
組織的戦闘が終結したことからこの日が出来ました。
第2次世界対戦最後の激戦地。一般人も含め20万人もの方々が犠牲になりました。




私は沖縄県に行ったことがありません。
なので沖縄県の激戦地の跡や現地の方のお話を直接うかがったこともありません。
修学旅行で鹿児島県の知覧特攻平和会館でお話をうかがったのみです。




ちょうど正午、TVで追悼式が放映されていました。
お年を召した方々が犠牲者のお名前が刻まれた慰霊碑の前で手を合わせていました。
刻まれたお名前に手を伸ばして、まるで頭を優しくなでるようにしている方もいました。
そして多くの方がおっしゃっていたこと。


「戦争なんぞやるもんじゃない」


私もそう思います。
戦争で失うものはたくさんありますが、得るものなんぞひとつもない。
68年も経過し、当時を知る方も少なくなってきました。
お辛い経験ですから、話すのも大変かと思いますが…どうかお話してほしい。
そして私たちは忘れることなく語り継いでいかなくてはいけない。
日本国民として。