ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

我が家での富士山の話。



日本の象徴・富士山が世界遺産に登録されました。
自然遺産かと思ったら文化遺産でびっくりしました。
確かに富士山は和歌にも読まれていますし、絵画にも使われています。
私の愛する銭湯にだって富士山はテッパン!!
あらためて富士山の美しさを感じます。



今日は定期診察日。
帰りにBOOKOFFに寄って小説を大人買い(やっちまった…)。
そのあと、行きたかった喫茶店でランチを食べました。
そこで天然女王の母が今日もやらかしてくれました。




母:「富士山っていつからあるの?」


父&私:「ハア?!( ゚д゚)ポカーン」


ものすごく壮大な質問だな、オイ。
母は「だってお母さんが生まれた時からあるし!」と言って知りたがる。
無茶言わんでくれ…orz


いつ誕生したかは知りませんが(何億年も前?)今の形になったのは確か江戸時代。
…という説明を父と一緒にしていたら、さらに母がやらかしてくれましたよ。




母:「え?戦争時代は?富士山なかったの?」


今の形になったのは江戸時代だと
さっき言ったでしょ(#゚Д゚)ゴルァ!!



父が本気で「お前…本当に大丈夫か?」と聞いていた。
某ちゃんねるでよく見るこの顔↓そのものだった(笑)
リアルでこんな顔の状態、初めて見たわ(笑)


f:id:sakurasaryou:20130624195530j:image
※ちなみに父はこんなにイケメンではありません。




どうやら母は戦争の爆撃で壊れなかったのか?ということを言いたかったらしい。
それも申し訳ないが知らん。爆弾は落ちたでしょうが、大きな山は健在です。




そんな母。富士山を2回しか見たことがないらしい。
還暦(※指導が入りました)なのに少なめ。
せっかく世界遺産になったことだし、絶景を見に行きたいですな。