ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

東日本大震災から28ヶ月目。



本日は東日本大震災から2年4ヶ月の日です。
35度を軽く超す猛暑の我が生息地とはうってかわって、
東日本は雨模様だったようですね。


さて、現在は参議院選挙に向けて、各候補者が活動真っ最中。
税金や年金、景気回復やTPPなどの国際情勢も大切ですが
未だに「復興」していない被災地へ向けての言葉はあるでしょうか。
少なくとも私の周りでは耳にしません。
新聞を読んでも、書いてありません。
(私のことなので見落としている可能性もありますが…)
被災地復興も国の、議員の、大切な使命です。
きちんとその面も見極めた上で投票に行きたいです。


最近、ネットでよく見かけるのが「被災地へ訪れる人のマナーの悪さ」。
時は確かに2年4ヶ月も経っていますが、被災者の皆様のお心は癒えていません。
「してやってる」「きてやってる」と土足で上がった上に泥を投げつけるような行為。
そんなものは支援でも応援でもなんでもありません。
そんなことをしに来るくらいなら、近所で買い物でもしてお金を回して欲しい。


私たち、被災地の外に住むものが「やってあげる」のではダメです。
被災者の皆様のためにもなりません。時には自立をも妨げます。
階段を昇る時に手をかすように、泣いていたらハンカチを渡すように。
あくまで「縁の下」の支援でありたいと私は思っています。
なので、私は被災者の皆様が作った商品を購入し、直接お金が渡る支援をしています。
私が出す金額は微々たるものです。blogで胸をはれるようなものではありません。
ですが、やらないよりマシ。それで少しでも…被災地の皆様が笑ってくださるなら。


私はこれからもアンテナを貼りまくり、応援していきます。