ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

医療費について驚愕の事実が…



身体障害者手帳が2種5級から1種2級に上がった時。
役場で手帳ともに「福祉医療費受給者証」というものを頂きました。
この受給者証を病院で提示すると、医療費が3割から1割になるとの
説明を頂きました。大変ありがたい制度です。とても助かっています。


ですが、私の主治医がいる病院は愛知県。
そのため、いったん3割を病院で支払い、後日2割を私の口座へ返金する
システムになっています。受給者証提示で即1割になるのは県内のみなのです。




一昨日の日記にも書いたように、移動支援について色々調べていた時、
驚愕の書類を発見。岐阜県全市町村の重度障害者医療費負担一覧表でした。
自分の町は0割。つまり無料と書かれていました。


え?ええ?!1割?!Σ(゚Д゚)
年金も保険料も枯渇しているし、もしかして変更になったとか?
いや、でもこの資料は最新版だし…。なんで?私だけ?!
収入は年金しかないし…なんで?どうして?




というわけで、先日我が家へ来てくれた福祉課の方に聞いてみたところ。


「え?無料ですよ?全額返金されてませんか?
ええ?!1割って説明されました?なんでだ?昔からですよ?!
あ、そうか。領収書がこちらにあるから調べられないか。
至急調べさせます!!お待ちください、1割だったら即連絡します!」


と、本来の要件そっちのけで大騒ぎに。
(金銭がからむことですからね。大騒ぎで当然なのですが…)
電話の向こうの担当者さんも今の仕事を中断して、私の医療費を調べることに。
こちらも家計簿で医療費はメモしてあるので今一度計算せねば…。



まさか無料だったとは…。
ありがたいことなのですが、驚愕の事実でした…。
ていうか、誰だ。私に1割って説明した人…orz