ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

母の買い物・私の買い物



今日は夕方から急遽、ショッピングモールへお出かけ。
母の買い物の付き合いです。


いや、ちょっと体調があまり良くないのですが…。
(明日あたりから天気が崩れるせいかな、息苦しい)
でも「どうしても来て!」というものですから、
部屋着からちゃんとした服(?)に着替えて、久々にメイク。
ファンデーション、腐ってなくてよかった(笑)




母の買い物は「服」。
母が服を買う時はなぜか必ず駆りだされます。
格好いい言い方をすると「ファッションコーディネーター」として
着痩せするデザインや(母はLLサイズ)、色合わせなどをするわけです。
今回も後日着ていくスーツのインナーがない!とのことで買いに来ました。
実は母、すでに自分で1枚買っていたのですが…
「なんでそれ買った!!」というすごいシロモノだったのですよ。
母も「なんか変だとは思ったんだけど」と言う始末。
そう思うなら買ってくるな(笑)




が、母の買い物は非常に長い!疲れる!!大変!!!


男性の方だとお分かりになるかと思いますが…
女性の買い物って長くありませんか?
「ああでもないこうでもない」ととっかえひっかえ。
いつまでやるねん!どれも一緒やろ?みたいな(笑)


私自身はサッサと買い物を済ませる人間なので
(父にも「もういいのか?」と言われるくらい早い)
母の買い物の長さには疲れてしまうのです。


さらに母ときたら「ユニクロ並みの価格でオーダーメイド並み」を
要求するのでタチが悪い。私が店員なら叩き出してやる(笑)。


「これはどう?」と見せれば「そんな薄い生地はちょっと」と言う。
なのでちょっとカッチリ系のものを出すと「暑いし、重い」と言う。
少し華やか目なのを出すと「派手よ~」というので、地味なものを出すと
今度は「もうちょっとこう、この辺に飾りが欲しい」と言う。
あとは値段もあーだこーだと言いまくる。
謎の無限ループです。




なんとか今回も母が納得するものを見つけられたのですが。
本気で疲れる…。もう自分一人で選ぶか、妥協して下さい…。
でも母ったら「やっぱアンタに選んでもらわないとダメね」ですって。


…断る( ー`дー´)キリッ
それか何か奢ってもらわなきゃ嫌っ。