ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

服のデザインはやはり考えられている



「また何を当たり前なことを」なタイトルですが
まあ、暇つぶしに読んでやって下さい。


秋に身内の結婚式に出席することになりました。
車椅子で冠婚葬祭に出席するのは初めてです。
会場もバリアフリー化しているらしいです。助かります。




が、問題がひとつ。それは衣装。
母の実家が呉服屋を営んでいるため、着物が文字通り山のようにあることと
自分も着物好きなのもあって、今まではずっと着物で出席していました。
なので洋装の…あのパーティードレスっていうんですか?
そういう服を実は1着も持っていないのです!!


ですが、着物はこの身体にはあまりにも酷すぎる…。
まさに箪笥の肥やしになっているので着たい気持ちは満々なのですが
身体が耐えられるのか?!お手洗いなどはどうするの?!
気持ちだけでは解決できない問題が山積み。




「私のドレス着てみたら?」と声をかけてくれたのは妹。
(妹はなぜかパーティードレスを何着も持っているのです)
が、妹と私は身長も体格も違う。着られるのか?!
「まあ、まずは試しだ」と着てみました。
ちょっとパツパツ感も否めませんが、着ることは出来ました。
丈も膝丈でちょっと短い気もしますがギリギリセーフかな。


が…ものすっごい違和感があるのは何故だ。


先ほど体格が違うと書きましたが、さすが血を分けた姉妹。
骨太は一緒なのですよ。デザインも柄も似合わないわけではない。
ラインもマーメイドチックで綺麗。が、違和感がある。
なんて説明したら良いか分からないおかしさがある。


母も「なんかおかしい…」と首をひねる。




その後、原因が発覚。


身長でした。
妹は150cmあるかないか。私は168cm。
実は着た例のドレス、ロングドレスだったのです!!
脱いでロング丈で合わせてみたら、あら綺麗に違和感が払拭。
当たり前ですが、やっぱり服のデザインってその人のサイズや身長に
合わせて綺麗に見えるように作られているのですね。これがプロの技か。




身長と体格があう親戚や知り合いがいないので
(身長はいるのですが、この骨太な身体が…くっorz)
さて、どうしようか。
レンタルを見てみたら、私にとっては大金な額でビックリ。
気合いを入れて着物で行くか。清水の舞台から飛び降りるか。
秋までに考えなきゃな。