ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

東日本大震災から29ヶ月目。




本日は東日本大震災から2年5ヶ月の日です。
あらためて犠牲になった皆様へ心からご冥福を、
現地で頑張るすべての方にエールを送らせてください。
お盆ですね。
亡くなった方はご家族のもとへお帰りになっているでしょうか。
今なお復興の姿が見えない故郷をみて、何を思っていらっしゃるでしょう。
月命日はお盆に限らず静かに手を合わせ、被災地に思いをはせておりますが
お帰りになった皆様がいる8月。あらためてお迎えし、手を合わせたいです。


先日、豪雨で秋田県と岩手県が大きな被害を受けました。
35度を軽く超える猛暑の岐阜県で、TVに映しだされた濁流。
流される土砂、木材、車、家。亡くなった方もいます。
盛岡市や雫石町では災害復旧ボランティアも募集しております。
映像だけでも本当に怖かったです…。
目の当たりにしたお子様方は怖がっていないだろうか。
土砂災害はなくともあの仮設住宅で豪雨は凌げたのか。
浸水や雨漏れなどの被害はないだろうか。
もう、あんまりにあんまりすぎて…自分の無力さが悔しくてならない!




力仕事を始めとするボランティアも必要。
心のケアはある意味では力仕事以上に重要。
そして自立に向けて立ち上がる皆様に手を差し出したい。
観光することで支援をしたい。
なにより現地をしっかり自分の目でみて、出来ることを考えたい。


でも…私は何も出来ていない。
身体のせいもありますが、そんなことを抜きにしても出来ない自分が悔しい。
せめて…と特産物や被災者の皆様がお作りになるグッズを購入していますが
本当はもっと買いたい。手作り材料だってお送りしたい。
もどかしくて、悔しくて。
被災地の皆様、お力になれなくてごめんなさい。
ほんのわずかしかお手伝いできなくてごめんなさい。
いつか、いつか絶対!被災地を訪れたいと思っています。
いつになるかわからないけれど、身体が動くうちに…と思っているので
なるべく早く!!と思っています。


もし私が電動車椅子でポテポテ歩いて(?)いたら、
ぜひ声をかけてやってください。ご迷惑でなければお話を聞かせてください。
そして私に出来ることであればなんでもやりますのでお申し付けください。
どうかよろしくお願いいたします。






【追 伸】
本日Twitterを見ておりましたら、こんなご本を知ることが出来ました。




さっそくAmazonで購入して、読ませて頂きます。