ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

アンパンマンは永久に不滅です!



昨日は甥が熱を出したとのことで、1日中甥の世話に追われておりました。
たったひとりの祖父である父には相変わらず人見知り(なんでだ)
母へは人見知りがないのですが、伯母である私にべったり。
何が気に入られたのかは謎ですが、なついてくれて嬉しい伯母バカです♪


熱があるとのことですが、当の本人はいたって元気でやんちゃ。
当然私の病気のことなど知る由もないもないので
全力でアタックしてきます。い、痛いのですが…うっ(;´Д`)モォームリ
でも、私が少しでも離れると大泣きしてしがみついてくるので
もう負けちゃいますね、これだけ愛されちゃったら。
甥っ子可愛いよ、甥っ子。




1歳4ヶ月になってそれなりに自我も出てきている甥っ子。
(ついでに魔の2歳児反抗期がじわじわと…)
彼の目下のお気に入りはアンマンパン
持っているグッズ、おもちゃ、あちこちアンパンマンだらけ。
絵本やDVDにのっているアンパンマンを指さして「あんぱっ」と言っては
なぜか満面の笑みとドヤ顔。そんなに好きなんだね、アンパンマン。
(※ちなみに「あんぱっ」というのは甥が言うアンマンパン)


アンパンマンって私が子供の頃から人気だったよなあ~。
Wikipediaで調べてみたら誕生は1969年!わお!Σ(゚Д゚)
私が生まれる前から活躍しているのね…。


私が定期診察にかかっている病院には小児科も併設されているのですが
子どもコーナーや診察室もアンパンマンだらけ。
甥っ子世代が待合室の子どもコーナーでアンパンマンとよく遊んでいます。
たぶん自分たちもそうだったんだろうな~。
アンパンマンは永久に不滅ですな。


今年の甥っ子へのクリスマスプレゼントはアンパンマンで決まりだな。
(気の早い話だな・笑)