ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

東日本大震災から31ヶ月目。



 本日は東日本大震災から2年と7ヶ月の日です。
あらためて犠牲になった皆様へ心からご冥福を、
現地で頑張るすべての方にエールを送らせてください。


最近、感じること。

「もう2年7ヶ月も…」


まだまだ多くの方が「まだ」とおっしゃるかと思いますが
申し訳ありません、あえて言わせてください。




被災地から遠く離れた場所に住む私。
おそろしい勢いで被災地からの情報が消えていっています。
自分から情報を探しに探しまわらない限り見つかりません。
そんな情報の中にはデマや嘘、勘違いも多くあります。
(なぜあると言えるのか。現地の方が証拠とともに否定しているからです)
どれが本当か見極め、よく知りもしないのにいい加減なことは書けませんし
被災地の方々へすることも出来ません。「生の声」を聞かなくては。


なかには「復興応援」が先走りすぎて、重要な復興の地が置き去りになっている
ものもあります。なんでもかんでも「復興」をつければいいってもんじゃない。
もちろん応援に励まされ、前を向いて歩いている方もいらっしゃいます。
ですが、未だ立ち上がることすら出来ない方もいるのです。
それはその方だけのせいではないと思うのです。




Twitterで見つけた画像たちです。
とても大事なお写真だと思うのでURLで拝借いたしました。


まずは福島県。福島の新聞はこんなのなのです。
あなたの地域の新聞と見比べてください。
2年7ヶ月も経ってもこの状態なのです。


https://twitter.com/mumindaninoie/status/373094910347321344/photo/1


宮城県東松島市野蒜地区。未だに津波の水がひいていません。
海じゃないのです。陸地だった場所なのです。
2年7ヶ月経っているのに。


https://twitter.com/pure_syuei/status/352970416144400384/photo/1




未だ仮設住宅暮らし。未だに地震がある(先程もありましたね)。
未だに見つかっていないご家族がいる。未だに自宅に帰られない人たちがいる。
2年7ヶ月たった今もです!この長い年月で今もです!!


一緒にしては失礼かもしれませんが、
私の病気の辛さや現状が声なき声としてかき消され、届かないように
被災地の皆様の声も届いていないのではないでしょうか?
どうか忘れることなく、耳を傾け、忘れないようにする。
これからもずっとずっと、続けていきたい支援の基本だと思っています。