ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

11月ですね~最近の私~



今日から11月。いやはや歳をとるごとに1年のはやさがすさまじい。
ついこの間年賀状を書いていた気がするんですけど(笑)
そして秋をすっ飛ばして冬になった気がするのは私だけ?





季節が変わろうとも日々ほぼ寝たきり生活の私。
最近、またじわりじわりと目に見えて症状の悪化がみられます。


まずは「物忘れが酷い」。
「あら、そんなの誰だって」と思われるかもしれませんが
ある時間…たとえば1時間何をしていたかの記憶がぽっかり抜けていたり
気がついたら自室ではない場所にいたり。
(何をしにきたのかどころかどうやって歩いてきたかも不明)
時間は短いですがパソコンやiPhoneを触ったり、読書をしたりと
なるべく頭を使うようにしていますが、追いつかない感じがします。


そして「ろれつが回らない」
これはまだ稀にしかあらわれないのですが、本当にろれつが回らない。
自分で話して、聞いていて、怖い。


最後に…ついに来たか、な右手の不自由さ。
今も激痛をこらえながら、しびれて痙攣してうまく動かない指を
なんとかゆっくりと動かして書いています。
音声入力ソフトを考えなくちゃいけないかな…(/_;)
(※でもアレって高いし、性能も疑問っていうし)
ソフト云々の前に仕事が続けられるかな…。
せっかくご縁あっていただけた仕事なのに。





正直…不安でいっぱいです。