ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

東日本大震災から32ヶ月目。



本日は東日本大震災から2年と8ヶ月の日です。
あらためて犠牲になった皆様へ心からご冥福を、
現地で頑張るすべての方にエールを送らせてください。
寒くなってまいりました。皆様、温かいものはありますか?
困っていることはありませんか?冬支度は大丈夫ですか?
どうか声を聞かせてください。
この私にできることなど米粒以下ですが、
お役にたてるのならばどうぞお申し付けください。




震災が起こった日から毎月11日は東日本大震災について書くと
決めております。自己満足に過ぎませんが、ここにいるよと
忘れていないよと声をあげたくて。




先日、最強の台風と呼ばれる台風30号がフィリピンを襲いました。
台風一過の惨状は東日本大震災を彷彿とさせました。
フィリピンの皆様へなんとか支援したいと思うと同時に、
時だけはすぎているけれど、姿は変わっていない場所が日本にあることを
忘れてはならないと思います。政府のみなさま、見ていますか?




被災した全県を応援していますが、私は特に福島県を応援しています。
そのため福島県の情報にはとにかく敏感になりました。
福島県は全国きってのフルーツ王国です。
フルーツラインなんて道路もあるくらいです。
(実際に行きましたが、果物畑だらけでした)
そして米どころでもあります。
どちらもすごく細かく放射性物質の検査を行い、基準値を下回ったものを
出荷しても、いまだに売上は持ち直していません。




また、人の心も持ち直しているわけではありません。
人それぞれです。その人の気持ちになって手を握りたいです。
ああ、福島県に行きたい。私が行ったところで何かあるわけではないけれど
ただただ、祈り、励まし、福島を楽しみ、その楽しさを広めたいのです。