ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

 羽根を伸ばしてきます


闘病生活において、生活環境は大きく関係します。
環境次第でよくなる人もいれば、悪化する人もいる。
私の場合は「結婚時も現在も環境が悪すぎて悪化のスピードが早すぎる」
と主治医からも指摘を受けています。




「病気や現実と向き合え」「与えられた試練」という言葉もありますが
時には「逃げる」ことも試練であり、向き合うことだと私は思います。
決して卑怯なことではないと思います。
それで少しでも癒されて元気になるのならばいくらでもすればいい。



でもそう簡単に「逃げ先」がないのもまた事実。
あったらこんなに苦労しませんよね、本当に…。




私は今日・明日となんとか「逃げ先」を見つけられたので
めいっぱい羽根を伸ばしてこようと思います。
自分をめいっぱい甘やかしてあげるんだ。






…と、その前に仕事を片付けなくちゃ。