ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

阪神淡路大震災から19年


f:id:sakurasaryou:20140117151548j:plain


本日の中日新聞一面。19年という月日が経ちました。
当時私は高校生。2階の部屋で寝ていて、大きな揺れにびっくり。
そして普通に学校へ行き、授業を受け、帰宅して更にびっくり。
まさに火の海としか言いようのない、あの映像は今もハッキリと覚えています。
19年というと、当時生まれた赤ちゃんたちがまもなく成人する年月。
それだけの年月が経ち、街もとても綺麗になったけれど。




家族や友人、恋人を亡くした方々にとってはまだ復興ではない。
復興住宅からの立ち退きを余儀なくされ困っている方々がいる。
住宅の2重ローンに苦しむ人がいる。




街は復興しても、心の復興はまだまだ。
そしてこんな大震災、もうそうそうないだろうと思っていたら
阪神淡路大震災を上回る規模の東日本大震災が。
阪神・淡路の方々が東北へ想いをよせる姿に、自分も他人事と思わず
想いをよせ、「もしかして」に備えなければと思っております。




失礼ながら最後になってしまいましたが。
阪神淡路大震災でお亡くなりになった方々へ心よりお祈り申し上げます。