ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

信越県境地震から35ヶ月目。


毎月12日は信越県境地震について書く日にしています。
東日本大震災のすぐあと・そして早朝に起こった地震が故に
忘れ去られがちですが、こちらも「東日本大震災」の被災地のひとつです。
関東から東北の太平洋側の雪もそうですが、こちらの被災地も屈指の豪雪地。
日本海側の荒れ模様。雪などで困っていらっしゃらないでしょうか。
寒い思いはしていらっしゃらないでしょうか。


本日、Twitterで見つけたのですが、このようなデータがあります。

http://www.gsi.go.jp/common/000065854.pdf


特に3ページ目をご覧ください。これだけの被害が出たのです。
決して見逃してはならないことです。



ですが、そんななかでも嬉しいニュースも。
震度6強の揺れに見舞われた栄村。
廃校を利用した集合住宅が建てられて8か月がたちました。
子育世代中心に7世帯21人が入居され、子供達の笑い声や窓の明かりに
復興に向う村人達は励まされ、人口流出の歯止めになっているそうです。


どうしても栄村の情報ばかりが入ってきますが、
まだ避難生活をおくっている方もいるとのことです。
これからも出来る限り支援をさせていただきたいと思っております。

なにか情報やご要望がありましたらどうかお知らせください。