ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

自分同士で引っ張り合いっ子


「いったい何をしているんだ?」的なタイトルですがお許しを。
また最近、グッと寝たきりの時間が増えました。
以前は夕方ごろにパソコンを起動してメールチェックや
仕事をしていたのですが、今はお風呂あがりすぐの短い時間が勝負。
仕事も前は30分から頑張って1時間くらいは出来たのですが
今は30分も保ちません。身体がそれこそ赤信号を発するのです。



そのため1日のほとんどを寝たきりで過ごしています。
音楽を聴くくらいは大丈夫ですが、読書でさえ重労働。
次が楽しみで楽しみで仕方がないのにストップがかかる。



ご縁あって頂いた仕事はもちろんのこと、
プライペートでもやりたいことはいっぱいあるのです。
部屋に積まれた、本やDVDや買ったままの趣味の材料。
見るたびに悔しくてなりません。



ちょっと変な言い方になりますが。
物忘れは激しいですが、頭の中は元気なのです。
やりたいことがいっぱいつまっているのです。
でも身体はそれを許してくれません。
気合いでなんとかなるものでもなく、
まるで押さえつけられたように動かないのです。


その光景はなんだかバーゲン会場でお目当てのお洋服を
引っ張り合いっ子しているオバチャンのよう。
(そんな光景、見たことありませんが・・・)


心は仕事したい!本読みたい!趣味したい!旅にでたい!
でも身体は「そんなことさせるもんか」という。
どちらのいうことを聞いたらいいんだろう・・・。
いや、そもそもそういう問題じゃないような・・・。


今日、布団の中でこんなことを考えていたら涙が出ていました。
身体は私にどうしてほしいのかな。