ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

Bullying is for losers!


久しぶりに新聞を読みました。
(読むという行動が重労働なのです)
いじめで自殺した中学生さんの記事がありました。
「いじめも自殺の一因」との見出し。
一因ってそんなさらっとしたものなの?いじめって。



ず~っと前に同じ曲を当blogで紹介したことがあるのですが
今日はまた違った目線で曲を聴いて欲しいです。


私の大好きなLADY GAGAの「Hair」という曲です。
GAGAさんは衣装は奇抜ですが(先日の全身タイツもすごかった・・・)
曲は社会風刺だったり、宗教的だったり、保守的だったりと
「ひととしてすごいな」と思える曲ばかりです。


下記動画をご覧ください。



レディー・ガガ「Hair」ゲイでいじめられ自殺したジェイミー君に〜Lady Gaga - YouTube


これはゲイであることでいじめられ、たった14歳で自殺してしまった
ジェイミーくんに捧げられた「Hair」。まさに魂の叫びです。



お聴きいただくとわかりますが途中でGAGAはこういいます。


「Bullying is for losers!」


いじめなんて負け犬のすることよ!です。
私もそう思います。・・・いや、犬に失礼だ。
いじめるやつは人間なんかじゃない。


ジェイミーくんはゲイです。
確かに「なんで同性が恋愛対象?」と感じて
理解出来ない人や、時には嫌悪感を示す人もいるでしょう。
ですが、それはいじめていい理由ですか?


障害者や難病者だというだけでいじめるのはなぜですか?
あなただってもしかしたら障害者になるかもしれない。
その時にいじめられたらどう思いますか?




いかなる理由があろうともそれは加害者の屁理屈に過ぎません。
いじめはやるほうが100%悪いんです。
いじめられる側にも原因がある?
それはどんな理由ですか?
その理由があるからいじめてもいいの?



いじめは「いじめ」なんて可愛い言葉なんかじゃない。
殺人未遂や殺人です。私はそう思っています。
やられた側は一生癒えない傷をおって生きていくのです。



どうかいじめがなくなる世の中になってほしい。
小・中・高校といじめられた私からの願いです。