読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

信越県境地震から3年と2ヶ月。


今日は信越県境地震から3年と2ヶ月の日です。
岩手・宮城・福島の東北3県と比較すると道路も整備され、
復興住宅も完成し、表向きは完全復興したように聞こえます。


ある日、Twitterで長野県栄村にお出かけになった方のツイートを見ました。

「表面的には元通りに見えますが、本当の復興が進んでいるのか、
まだ何かできることがあるように思います。 」

私は長野県栄村にお邪魔したことはありません。
長野県はお隣の県だというのに情報は皆無です。
新潟県は言わずもがな・・・な状態です。
それでも、このお言葉がすごくひっかかって。
出来る限り、情報を探しました。
わかったのは


長野県栄村で牛の畜産農家さんがたった1軒だということ。
震災後、事業を再開できたのはその1軒だけだった。
もともといくつ畜産農家さんがあったのかが分かりませんが
とにかく再開出来たのはたった1軒という厳しい現実。
再開出来なかった方はどのようにして生計をたてているのでしょう。
苦しんでいないでしょうか。困っていないでしょうか。


現地を見てもいないのに言うのもおかしな話ですが
道路などのライフラインはとりあえず大丈夫そうです。
でも、まだ問題は山積みだと思います。


これからも情報を集め、決して忘れることなく、寄り添っていたいです。