読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

母専属ファッションコーディネーター?


先日、ショッピングモールへお出かけすることが出来ました。
・・・と言っても、メインは母の洋服選び。
食事会があるとかなんとかで(←覚えてない)服が欲しいとか。
女性の買い物は長い!とよく言いますが、我が母は本当に長いです。
私も一応女ですが、買い物は短いほうです。
滅多に外出が出来ないので、すでに買いたいものリストができていることと
お財布事情で制限をかけているからサッサと終わります。
よく母に「もう終わったん?!」と言われますが、あなたが長いんです(笑)


母は長いところにプラスして非常に条件が多いです。
例えると・・・UNIQLO並みの値段でオートクチュールの要望をする
「そんな大げさな」と思われるかもしれませんが、本当にコレなんです。
そしてなぜか私に要望を伝え、服を選ばせます。
母のクローゼットにある服とも調和したものを選ばねばなりません。


この日の母の要望は・・・


夏も近いし、涼しげかつ爽やか、華やかだけど落ち着いたなイメージ。
ババくさくなく、かと言って若者すぎても困る。
7分袖は中途半端だから嫌。でも半袖も困る。
値段は安ければ安いほどよし。できれば4桁前半でおさえて。
持っているパンツ(グレー・生成・紺・デニム)にも合うものを。
この酒樽みたいな体型をふんわり隠す、着痩せする服を。


長っ!!注文多っっ!!!無茶っっっっ!!!!
あ!父め、さりげなく逃げたな・・・。(←本屋に行ってしまった)



まあ、とにかくサッサと服を選んで、自分の買い物をしよう。


私:「これはどう?シフォン素材で夏らしいよ」

母:「丈が短い~。お尻が隠れないのはダメ」

私:「じゃあこれは?」

母:「理想的だけど予算オーバー!パス!」

私:「それならこれは?お尻も隠れるし、色も綺麗」

母:「透けないけど裏地がついてないのはちょっとイヤ」

私:「(誰も見ないと思う)じゃこれ!裏地あるよ!」

母:「こんな裏地ついてたら暑いよ~」

私:「どっちやねん!!ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!」



あーだこーだと6着ほど試着しまくりまして
(店員さん、空いていたとはいえすみません)
少しだけ予算オーバーを承諾してもらい買い物終了。
終わった頃には「ああ、そろそろ帰らなきゃ!」と母。


ちょっと!私の買い物が終わってませんけどっ!!
慌てて買い物をして(10分くらいで終了)帰宅。



で、今日がその食事会とやらだったのですが。
「この間の服着るよ~!下は何がいい?バッグは?靴は?」と
私の部屋になぜか犬とともに突撃訪問。
私のベッドの上に服やら何やら広げてファッションショー。
コーディネートが終わった頃にはグッタリ。


母:「やっぱアンタに選んでもらったスタイルだと
周りの評判がいいのよ~♪また選んでもらわなきゃ!」



・・・カネ取るぞ(冗談です)