ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

東日本大震災から3年と3ヶ月


本日は東日本大震災から3年と3ヶ月の日です。
じめじめとしたり、むし暑かったりする季節です。
仮設住宅にお住まいの方は大丈夫でしょうか?
そして、今日も各地で創作活動が行われました。
まだご家族のもとへ帰れていない方がたくさんいらっしゃいます。
どうか皆様が1日でも早く、安心した暮らしになりますように。


今日の夕方、私には珍しくテレビを観ておりました。
東日本大震災の月命日ということで小特集を行っていました。
原発事故の影響でせっかくお米を作っても売れないこと。
作ったとしても東京電力からの賠償金が減ること(なんで?)。
そのため多くの方が農業をあきらめていること。
農業の代わりに放射性物質を土から吸い込む葉の花を植えて
土作りと菜の花油でもう1度立ち上がろうとしている人たちもいること。


また、被災地の方々が手作りをして販売し、生活の糧としている商品。
売上がガクンと減っていること。「3年以上経過し見向きもされなくなった」との声。
さらに震災直後は「助けたい」とたくさんの方が各地から集まりましたが
今はほとんどいない現実を赤裸々に語っていらっしゃいました。

震災直後から愛知県で商品販売支援をしている方は
「覚悟をもってお手伝いする」と語っていらっしゃいました。
この「覚悟」には被災地の皆様の心ごとくるむような力強さを感じました。
自分もわずかかつ細々ながら復興支援のために商品を売っています。
この方の「覚悟」の気持ちをさらにもって、自分も応援したいと感じました。
販売場所をちょっと広げてみようと現在、調整中です。



毎日TwitterFacebookなどで現地の情報をかき集めています。
いいニュースも、悲しいニュースも含めて。
余計な情報にまどわされず、きちんと「本物」を見て聞いて
これからも微力ながらも応援していきます。



◆◇◆私の復興支援サイトです。ぜひご協力をお願いします◆◇◆

f:id:sakurasaryou:20140510175656j:plain

http://hobo100kin.client.jp/


8月末に福島県いわき市を訪れる予定です。
おかげさまではじめての寄付は自分の手で出来そうです。
どうぞよろしくお願い申し上げます。